これまでは、書いた日記は Gandi のホスティングサービス上の Wordpress を使って公開していたんだが、 Markdown (そのうち org ファイル)で書いて push したら SSG した HTML を Linode に立てたインスタンスでホスティングしたいなと思って移行中。

SSG はブログで Hugo 使ってるが別の使ってみたいなと思い色々見てみたんだが、 JS/TS のツールとか Gatsby とかフロント寄りのものが人気のようだった。まあ別にそのうちどれかでもいいんだが、日記というめちゃくちゃちっちゃいコンテンツだし UI やデザインにこだわらないからフロント寄りじゃなくてもいいなと考えて Hakyll を採用した。

Hakyll というのは Haskell 製の SSG ツール。 Markdown などの形式で書いたコンテンツや CSS などのアセットをどうビルドするかというのを自分でプログラムできる。まだ触り始めなのでわからないことが多いが、ちょっと前に Haskell 書いてみたりしてて今興味のあるところなのでこれを使って日記を書くことにした。

Wordpress からエクスポートした XML を lonekorean/wordpress-export-to-markdown というツールで個別の Markdown ファイルに変換して old-posts/ で公開している。